信託銀行を活用するために知っておきたいこれだけのこと

信託銀行の証券投資信託とは?

そもそも投資信託とは、個人あるいは複数の投資家が集まり、運用して利益が出る不動産や金融物件を所有し、それらの運用を行うことで得られる利益を個人あるいは複数の投資家に配分することで、利益を得るという多少リスクのある金融商品のひとつです。

投資信託と言えば一般的に「証券投資信託」が知られています。これは、会社の株式や債券、国の債券を購入し、その売却益や株式配当益などを得ることで投資家が利益を得るタイプの商品です。例えば人気の株式を大量に購入すれば、当然配当もいいので、たくさん株式を持っていればいるほど、配当をたくさんもらえて利益が得られます。ですがそんな株式に限って1株当たりの単価が高く、個人の資産では大量に購入することができない場合が多いです。そこで証券投資信託の流れを活用すれば、複数の投資家で価値のある株式を購入し、個人では所有できない株式を持てる。この仕組みを提供するのが「証券投資信託」なのです。

もちろん、複数の投資家で株式を所有するということは、得られる配当金も複数の投資家で、信託している金額に応じて配分します。商品によっては1人あたり最低金額5,000円〜10,000円で証券投資信託を始めることもできますから、会社員などの人々がボーナスを使って証券投資信託を行い、利益を生み出すことも可能です。もちろん株式の暴落や企業の倒産などのリスクは付きまといます。

あと、証券投資信託には、決められた期間に集まった資金だけで投資信託を行う単位型投資信託と、投資信託を設定した後、いつでも購入や換金ができる追加型投資信託の2種類があります。前者は株式の所有期間が決められていて、中途解約ができないルールがあります。後者は基本的に期限の設定がありません。また、償還時期を設定しておき、近づけば継続するか終了するかを選ぶタイプの商品もあります。