信託銀行を活用するために知っておきたいこれだけのこと

信託銀行が扱っている商品

信託銀行といえば、普通の銀行に比べて一般の人にはなじみが薄く、口座を持っている人も少ないです。では、信託銀行とはどのような銀行なのでしょうか。

信託銀行は「金融機関の信託業務の兼営等に関する法律」によって認可を受けた銀行で、通常の銀行業務のほか信託業務を行っていて、こちらがメインの業務になります。信託業務とは、他の人の財産を自己名義で預かって、それを本来の自分の財産とは分別して管理するという業務です。この業務で信託される財産としては、現金・土地や建物といった不動産・株式や債券などの証券・遺言などがあります。

信託された財産によって、それぞれに「不動産信託」「証券投資信託」など、対応する金融商品が変わってきます。ただ、信託された財産の運用で得た利益は、委託者に渡されます。信託銀行は資産家が自分の資産を増やすために、投資先を選び、利益の上げられる投資商品を購入する、その購入や管理を任せる(=信託)するのが、信託銀行と言うわけです。

信託銀行は投資家だけが利用しているわけではありません。一般の人になじみがあるものとしては、企業年金があります。企業年金では、運営する厚生年金基金や企業年金基金が、信託銀行と年金信託の契約を結んでいます。そして、傘下企業の従業員から集められた掛金は信託銀行に預けられて運用されます。年金が支払われるときは、信託銀行から年金基金を経由して支払われます。その他、不動産仲介や株式名簿管理人の業務も行っています。