西日本シティ銀行はどんな銀行なのか?

西日本シティ銀行の投資商品とは

2014年1月からNISA(少額投資非課税制度)が始まり、個人投資家の投資意欲が高まる税制の優遇制度が始まりました。今まで投資をするといえば証券会社というのが相場でもあったのですが、NISA制度が始まったことを契機に、顧客の獲得を目指して銀行や信用金庫、インターネット専業銀行などもNISA商品の取り扱いを始めてきました。

NISA取引を利用するためには、専用口座の開設が必要となります。専用口座は口座名義人の住民票などの関係書類がないと開設できないこともあり、その手続きの煩雑さがNISAを始める場合のネックになっていました。そこで銀行各行ではキャンペーンを実施して、さまざまなメリットをアピールし顧客の獲得を狙っています。

特に西日本シティ銀行では、NISA口座を開設した顧客向けのキャンペーンに力を入れています。平成26年1月6日から3月31日までに西日本シティ銀行でNISA口座の申込を行い、平成26年5月末までにNISA口座を開設した顧客に対し、投資にかかった手数料の20%相当分をキャッシュバックしています。

手数料のキャッシュバック対象となるのは、平成26年1月6日から3月31日の14:00までに、NISA口座で投資信託の購入が成立した取引に対する手数料となります。このキャッシュバック率だと、500,000円の取引を成立させた場合は、2,000円のキャッシュバックが受けられる計算になります。興味がある方は早速口座を開設してみてはいかがでしょうか。