西日本シティ銀行はどんな銀行なのか?

西日本シティ銀行とライバル銀行

西日本シティ銀行の最大のライバルといえば、言わずもがな、福岡銀行であると思います。預金残高などを含めた資産では福岡銀行に負けず劣らずではあるものの、不良債権比率が福岡銀が約4%なのに対してシティは9%と倍以上の数値となっています。

これは合併前の福岡シティ銀行がかなりの不良債権を抱えていたために起きていることで、まあ仕方ないといえばそうなのですが、それを元に福岡シティ銀行を敬遠している個人客や法人も少なからず存在しているのも事実であると思います。しかしながら二行が合併したことにより店舗数は福岡銀行よりも多いため、利便性などでいえば、店舗が多く非常に便利なので、それに好感を持っている人も多いことも、また事実であると思います。

しかし近年では、山口県に本拠地を置く山口FGの傘下であり、北九州地区の山口銀行の店舗を改装して開業させた北九州銀行という新しい銀行が登場してきています。北九州銀行は西日本シティ銀行にとって強力なライバルであると思われます。もともと北九州市に本社を置く銀行がなかったこともあり、市民からは喜ばれる一方ですが、資本はあくまで他県である山口県の銀行なので、西日本シティ銀行にとっては、面白くないのは間違いありません。

北九州銀行は北九州市のメインバンクになるために行動しているのですが、対抗すべく西日本シティ銀行も北九州での営業を強化するとともに、山口県の店舗を改装したり、新たに店舗を構えたりするなど攻勢を強めています。福岡銀行と北九州銀行という二行の強力なライバルと競い合う北九州銀行ですが、店舗数の多さという強みを生かしてこの二行に負けることなくこれからも頑張ってもらいたいです。